Past Exhibition

solo exhibition

syu first oneman shou
1998.12.1-12.6
【ギャラリー8×8】

初めて空間アーティストとしての個展

500キロのピーナッツを敷き詰めて、絵画を展示

観覧者には、自由にピーナッツの上を歩いてもらいその音、匂い、感触も

一つの作品として感じてもらった。

光森シュウ展
2000.11.14-11.19
【ギャラリー8×8】

「夢見るダミー」インスタレーションのコンセプト 「陰」の感情。

人間関係や生きていく中で感じる「くやしさ」「ねたみ」「怒り」など心の葛藤。

自分の中から墜としてはいけない想い・・・・。その感情を瓶に閉じ込める。

​キロク1
2003.3.21-4.9
【画像喫茶 ロカ】

過去の作品点と新作展を展示

ミルオト展
2007.6.18-6.30
【ギャラリー&カフェ カフェドグラス】

耳で聞く音ではなく、見て感じる音をコンセプトにした展示

​ヒナタの日常
2016.1.10-2.14

ワタシの小さなコドモ、ヒナタの好きな物

キラキラ光る七色の虹、いつも見ていた小さな生き物、大好きな誰かのぬくもり。。。

絵、アクセサリー、器、オブジェなどヒナタお気に入りの作品を展示、販売

​ヒナタな日常を感じてください

ヒナタの日常.jpg
【てれやカフェ】
20776831_838207659666269_508403447682776

two  person exhibition

てふてふ  -自由を舞う-
絵と書彩アートの二人展
2017.8.12-8.27
【備前福岡 仲崎邸】

地を這い 空を舞う

​いのちをかけ 四度も変様を遂げる中で得た自由の翅をもつ蝶々

この不思議な生命体「てふてふ」に想いを馳せた

​二人のアーティストによる作品展

てふてふはがき.gif
20914269_841591685994533_419343929662807
20914488_841538665999835_560366909597561
イベントfacebookページ
​陰ガラス
2018.10.5-10.8
【駅東倉庫Gallery Minato】

みえないもの みえないところ みえないこと 

隠れし 中には 色が堕ちる・・・

みえる私の中の みえないワタシはみえる世界のその先で

どんな 光をみるのでしょう

​どんな言葉をきくのでしょう

イベントfacebookページ
​ワタシモノガタリ
2019.11.1-11.5

人間の一生をテーマにした展示。

今回は自分に深く意味を問わず、描きたい「曼珠沙華」を描き、

そこからおのずと現れたそれぞれの作品を制作した形。

ワタシモノガタリの意味は人間として現れた観覧者にゆだねた。

 

追憶

子宮、体内、母、産むとゆうこと、育てるとゆうこと、

私がこの展示にこの会場を選んだのは、建物の雰囲気と、

あと三階へ登る薄暗い階段に細く暗い廊下。

そこから見える外の緑と空が素敵だったこと

会場の大きさも小さくて落ち着く。会期中にきずく。

会場は子宮で、廊下は産道、そして、窓から視える景色は

産まれるとき観る外の景色かもしれないと。

【禁酒会館ギャラリー3階】
%E3%83%AF%E3%82%BF%E3%82%B7%E3%83%A2%E3%
イベントfacebookページ
イベントfacebookページ